読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『暗殺教室』メガヒット御礼舞台挨拶レポ

日にちが経っている上既に各媒体からレポや映像が回っているため完全に自分用の記録。

 

・自分の後から登壇してきた殺せんせーが隣に立つとせんせーに向かってグッと親指を立てるやまちゃんが(今日も地球上に存在しているという大前提を除けば)この日最初のかわいいやまちゃん

・登壇後最初の挨拶「え~すいません、慣れたものでまっったく緊張しておりませんっ!潮田渚役を演じさせていただきました山田涼介です。」かっこいい!

・(2015年邦画観客動員数第一位など様々な記録を樹立しとんでもないことになっていますね?と話を振られ)「ぶぁっっっ、ぼくも、まさかこんなことになるとは思ってなかったので…びっっっくりしちゃうよねぇ~。僕のおかげとかそういうのじゃ全然ないので、ホント皆さんのおかげです。」ぶぁっっっかかわいい

・(撮影合宿中のエピソード)「いやもうねぇ、語りつくしたんだよねぇ~。」(司会者「とておきのやつとかは!?)「とっておきのやつね!…用意してないんだよねぇ~!」かわいい

・(3年E組クラスメイトとのエピソード)「仲良かったですよ!…ぁ過去形になっちゃった(笑)。今でも!仲良いですよぉ!」(司会者「今でも会ったりとか?」)「会ってる…人は…いないかなぁ……。ご飯行こうよって約束するだけで実行はできてないんですよね。いかんせん将暉が忙しくって。誰かが欠けてるとまた別日にしようかって。僕ちょーーヒマなんで今!昨日久々に仕事したんですけど芸能人見るの久々だなってなりました(笑)。」どこからつっこめばいいかな!‟いかんせん”?‟まさき”??‟芸能人見るの久々だな”???毎日鏡の向こうに最強の芸能人を見ているじゃないですか貴方!?!?そして会うなら全員揃ってがいい3-Eほっこり推せる

 ・(今日はサプライズがあります!→殺せんせーの顔型くす玉『ころだま』が登場※ちなみに持ち手?引っ張る部分は黄色い触手になっていてシュール)「オレ将暉来るのかと思ったwちょっと将暉来んのかなって、ちょっと期待したww」わかる

     ↓

(まずは映像を見てください!ということでころだまはステージ端へ移動)「なんでころだま1回センターに置いたのw」わかる

     ↓

(照明が落とされ『仰げば尊し』が流れるもすぐ止まり)「あっ仕切り直しまぁ~~す!仕切り直s(♪♪♪~(再びメロディーが流れ始め))ぁっ…」→映像に注目。上手ステージ端に立っていたんだけど近すぎてスクリーンが見づらいため大きく仰け反って見ている姿がめっっっっっかわ。徐々に映像の内容を理解していくと「ん?」「ぇ??」とリアクションをとっていたのもめっっっっっっっっかわ。

     ↓

スクリーンには大きく『暗殺教室~卒業編~2016年公開』の文字!!

     ↓

(再びころだまがセンターに置かれ、割るよう求められると)「ちょっとまってね。順序逆じゃねえか!w」

     ↓

ころだまを割ると「祝 続編製作決定!!」の垂れ幕が。

 ・「ホントあれですね、この事務所はホントサプライズ好きだなぁ~!(二宮くんの件の話をして)まさか続編を、皆さんと一緒に知るっていう。どんな内容になるかも気になるし、スケジュールも…オレあるのかなぁ~?(笑)」

 ・(予告編映像中にある黒板の落書き(よく卒業式の日にみんなで寄せ書きする感じのもの)について)「黒板に書いてあったったった…あったったったってww書いてあったやつ、みんなで書いた記憶があったんです。書いたんですよ?なのに本編見たら使われてねーじゃねーかっていう。」(司会者「このためのものだったんですね!」)「みたいですね(笑)。きっったない絵描いてましたよぉ~。絵、ヘタなんでw」

 ・(舞台挨拶初体験のプロデューサー(以下:P)が緊張のあまり司会の男性アナに身体を向けて話すため結果的にただの2人の会話のようになってきて)「オレに背中を向けて2人の世界観ができるという。」(司会者「山田さんが唖然と(笑)」)「そう、ぽかぁ~んと(大きく仰け反りながら)(かんんんわいい)」「(Pに向かって)こっちでも(アナウンサーのいる上手側に手を差し伸べ)こっちでも(下手側に手を差し伸べ)なくって、あっち(正面に手を差し伸べ)ですっ」にこにこ笑顔で全身を使いながらこの動きをしていたのがとーーーってもかわいかったのに文字では上手く伝えられない悔しい><

 ・(『暗殺教室』が韓国・台湾・香港・シンガポール・マレーシアなど多くの国で上映されることが決まったと知らされ)「うわ嬉しいなぁ」(言い方かわ)

・「海外で映画祭とかね、行けたらいいですよね。」(司会者「アツいですねぇ!」)「アツいっすねぇ!」

 ・(フォトセッション)触手をイメージしてなのかずっとピースしてたかわいかった。あと、カメラの方向に合わせていちいちころだまの角度を自分で調整して動かしてあげてたのがちょーーーやまちゃんでちょーーーかわ(以下略)

 ・(最後にアツいメッセージを求められ)「い゛っ!?アツいメッセージ!?!?僕自身今続編のことを知ったばかりなのでまだなんにもまとまってはないんですけど、ホントに皆さんのおかげなんですよ!この暗殺教室1(ワン)…ワン、ワンという形になるんですか?続編だけでなく暗殺教室ワンの方も何回も何回も観ていただいて、暗殺教室、これからも愛し続けてください。」最後の一言までが最高にやまちゃん♡

 ・降壇時に早く進んでよとばかりに両手で殺せんせーの背中を押していたのもかわいかったけど何と言っても階段を降りるという最後の最後で躓きかけておっとっととなっていたのがハイパーミラクルファンタスティックかわいかった