読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『暗殺教室~卒業編~』初日舞台挨拶覚え書き

舞台挨拶
Twitterに書いたことも含め、メモが読み取れるうちに起こしておこうと思っただけなのでただの箇条書きです。

○1部(9:15~の回)
・「全国の皆さんこんにちはー。…反応がないね。そりゃそうだよね。」
・「僕、今日気合いを入れてですね、この殺せんせースーツ作っていただきました。それくらい気合いが入っておりますよろしくお願いします!」
・桔平さんの地元・三重では3劇場で中継されていると紹介されると、「(お~~)」のお口
・ニノさん挨拶「日本の皆さんこんにちは!」がツボに入って笑いながらニノさんの方を見る(かわいい)
・更に美玲さんの地元・千葉ではかなりの数の劇場で流れていると知りまた「(お~~)」のお口。からの美玲さん「ちば~もりあがってぇ~っ!」に思わず笑ってしまい口パクで「ちば~(笑)」と真似して遊んでたかわいかった
・この卒業編によって暗殺教室という作品にピリオドが打たれたということで、どのような気持ちか?というような質問に対し。「すごいやっぱ感慨深いですね。初めての映画、そして初主演というのは最初で最後なので。思い入れは深いです。(中略)さみしいですね、すごい今さみしいです。(潮田渚という役と別れることが?と尋ねられ)役とお別れ、というのもありますけどやっぱりほとんどのスタッフやキャストの皆さんともう今日でお別れなので」メモの単語を組み合わせて文章にしただけだから超~~~ニュアンス
・クランクアップで生徒全員に手紙と花束をプレゼントした話を振られるも、しばし黙って「ぃゃなんか自分の口から言うのもねえ?(照)」ということで菅田くんと舞香ちゃんが説明してくれる。菅田くんの言葉「座長の愛情ですかね。」があったかかった~
・しかし先生組はそんなの貰ってないぞとぶーぶー。急に責められ「あのーーーーーあのーーーーー。クランプアップーーーいっしょーーーーーーあのーーーーーーあのーーーーーーーーー。こういう場所であんま言わないでほしいんですがっほんと~にすいませんでしたっっっ!w」としどろもどろに。言い訳しかけたのに途中で路線変更して素直に謝ったのいいこ!かわいい!!
・お手紙について「生徒役で映画や演技自体初めての子もいたんですけど、自分が初めて主演したドラマがクランクアップしたときに同じようなことをしていただいて。それで「涼介もいつか渡す側の立場になれたらいいね」と言われたので、今回、何かひとつ思い出を残してあげられたらいいなと思って」
・やまちゃんとの共演の感想を尋ねられた菅田くんが「これから長いもんな」と言ってくれたのにシビれた~~今回の作品は彼らの役者人生にとってほんの序章に過ぎない感!!そして「山田涼介という人の初主演映画でずっと隣にいさせてもらえたことが今後何かいきてくれば…」とまで言ってくれて(「いきてくれば」だったかなそのあたりの言い回し自信ない)
・アクションシーンの話を振られるも上手く話せない舞香ちゃんへ「がんばってたよ」と優しく声を掛けるお兄ちゃんやまままま
・菅田くんの涼介呼びにつられたのか軽部アナの「山田さん」呼びが「涼介さん」呼びに変わってしまいw
・にのやましゃぶしゃぶパーティーについて。ニノ「3月頭とかも一緒にいたね」成宮くん「呼ばれてないな?」んんんなりにのやま
・にのやまで遊ぶときは、「仕事の話はもちろんですけど大半はゲームの話でしたね~」「プライベートで会った友達みたいな感じですね」とニノさんが話していたんだけど、半年ちょいであの二宮さんから友達認定された後輩やまだりょうすけさんゴイスー
・しゃぶしゃぶのお肉の値段とかは聞かない方が良いですかね?な軽部アナへ大袈裟にそうだそうだと応じるニノさんの声を遮り、やま「298円でしたよ!(やめろよと怒られるもめげずに、敢えてカメラ目線で)298円でした!肉が!!!」ここで300円とかキリの良い数字でなく298というよくある感じの値段言えちゃうところがさすが主婦
・298円のくだりで一斉にシャッターを切り出したマスコミへ「記者さんもパシャパシャやめて!!」と言うニノさんにならって胸元でバッテンポーズを作ってみせていた殺せんせーがかわいかった笑
・自分の役柄について「おかしな人ですね。」と説明する成宮くんに思わず口元を緩めたやまちゃ
・成宮くんが面白おかしく撮影方法を振り返って話す(ニノさんに「オレたち結構(上半身)ハダカでね?」と同意を求めたりとか)ものだから、やまちゃんずっと楽しそうに歯を見せて笑いながら聞いてた
・松井先生と現場で会う度に作品に対する熱い気持ちをずっと聞いてた、「絶対失敗できない」と思っていたやまちゃん
・「たくさんの人に愛していただけて本当に嬉しく思っています」
・フォトセ準備中、ステージ上で『さよならセンセーション』を踊るサービス精神旺盛な殺せんせー
・キャスト再登壇。やまちゃんが前に立つとその腰元へ触手を回す殺せんせー→きちんと掴んで触手の位置調整してあげるやまちゃん
・卒業証書に両手を添えるという持ち方がお上品で独特。BGM「さ~よならこのセンセーショ~ン♪」に合わせて指でトントトトトトトトントントン♪とリズムをとっていて!かわ!いい!!
・フォトセ途中、何かに気付いたように口を開け、その後よろけたせんせーを支えてあげてた?のかな?振り返ってせんせーの腰(って呼んでいいのかよく分からないけど)に腕を伸ばしていた
・カメラのある方向へ向き直る度にきちんと触手を掴んで位置調整
・「これからも『暗殺教室~卒業編~』愛してください」
・降壇の際、軽部アナの目を見て「ありがとうございました」と伝えていた
・バイバイがもうかーわーいーいーー♡♡♡


○2部(12:45~の回)
・ぴょんこぴょんこ飛び跳ねながら登壇してくるせんせーを「(お~?お~??)」って感じで揺れに合わせてお顔を上下に動かしながら見守る
・「全国のみなさん!…応答なしです。」
・菅田くんが挨拶を終えるとふたりで何か話して笑っていた
・舞香ちゃんが上手く話せず「短い間…短い時間ですが、」と言い直すとすかさず「だいじょうぶだいじょうぶ」とマイクは通さず声を掛ける
・とにかくずっと喋って笑っているにのやま(やまちゃんがきょとんと足元を指差しながら「ここですか?」と聞き返しているのくらいしか読唇できなかった)
・挨拶を中断したやまちゃん「あ、ちょ、いいですか、二宮さんずっと隣でふーんふーん言うのやめてもらっていいですか!?w」気を取り直し話を再開するも、めげずに鼻歌を続けていたらしいニノさんへ「やめてもらっていいですか!?w(声小さくしたんだけどなと弁明するニノさん)消音にしてください!w」この「消音にしてください」を言いながらカラオケの機械にあるような音量ツマミを回すフリをしていてかわいかった
・しどろもどろになってしまいエピソードトークの語尾に自信なさげな「…ね?」をつけた舞香ちゃんへコクリと頷いてみせ、以降それまでは下ろしていたマイクを口元へセットしたままにしいつでもフォローできる体勢に切り替えていてかっこよかった。お兄ちゃんのお顔してた
・桔平さんのやまちゃん評「(前作で)最初に会ったときはすこーしかわいい、女性っぽいキャラクター作りをしていたようなんですけど、今回はそういうのプラス男っぽさもあって。顔がすごいそういう風に仕上がっているんですよ」
・上記のように生徒役のキャストたちを先生目線で見てしまうんだと話してからジヨンちゃんへ同意を求める桔平さん。そうですねと返すジヨンちゃんへ、やま「同い年なんですけどねジヨンちゃんとは!!笑」これ言い出すタイミングをずっと狙っているのが見て取れて愛くるしさ5000000009%
・↑のあとにマイクは通さず菅田くんと「そうなの?」「うん」的なやりとりをしていたような気がする
・ニノさんが指の伸びるシーンはCGでなく実際に伸ばしたんすよ的な発言をすると、ツッコミのやま「なんでそーゆーこと言うんスか?おもくそウソじゃないですか?」おもくそ
・降壇して扉の外に出てからやまちゃんも菅田くんも振り返って何かを見ていて?なんだったのかなぁと気になった


f:id:berryyydkkkh:20160326235208j:image